左パネル

  • ショッピング
  • Pickup Item
  • Look Book
  • Blog
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help
  • Shopping Cart

BY emiko honda | 2021-10-01 17:29:48 | ヴィンテージ家具, ヴィンテージ雑貨


なかなか出会えない
丸いコーヒーテーブルの入荷に
ワクワクしながらお部屋のコーディネート。









自然に好きな椅子との組み合わせに。

タイルトップなので、食器や花瓶などをのせても安心。



直径100cmなので、これ以上大きくなると
お部屋が狭くなるかものの
絶妙なサイズも嬉しい。


ダイニングテーブルがあるから
ごはんを食べる目的より
みんなでコーヒーや紅茶を飲むために囲むのもいいですよね。




何人が集えるかな??って考えると
いろいろ収束してくれる日が早くこないかと切に願うばかり。。。







DENBYのアラベスクの食器がこれまた
雰囲気あうこと、あうことと
またまたテンションが上がり、のせるのせる。






先日のワークショップで作った
『秋の花アレンジ』を迷わずおいて写真撮影。





絵になる家具って、ホント素敵ですね。

心地よい暮らしの家具選びを。



 


Go To Pagetop

BY emiko honda | 2021-06-26 21:10:15 | ヴィンテージ雑貨


『DENBY Arabesque  デンビー アラベスク』


同じ皿が、同じじゃない!うん、かなりの個性派揃い。



世界にひとつ感のハンドペイントとぽってりとした質感がたまりません‼︎








1806年の創業から215年もの歴史を持つ
イギリスの老舗陶器メーカー「DENBY(デンビー)」。
誕生のきっかけはなんと、
道路工事中に良質な粘土質の土が掘り起こされたこと。
そんな偶然から産声を上げ、
現在でもイギリス中部にあるダービーシャー州の土地で、
ストーンウェアという特有の粘土と5,000以上ものオリジナルの釉薬を
駆使して、熟練職人の手によるモダンな陶器作りが続けられています。






こちらのArabesque(アラベスク)は、
1964年にデザインされたシリーズ。
ミッドセンチュリー期の「DENBY(デンビー)」
を代表するテーブルウェアで、
デザイナーのGILL PEMBERTON(ギル・ペンバートン)が
ロシア訪問時に受けたインスピレーションが
そのベースであると言われています。







この大胆でポップな模様、唐草模様を
デフォルメしたものなのでしょうか。
エキゾチックでいて、ほのぼのとした雰囲気がありますよね。
実はこのArabesque(アラベスク)、
1964年~1984年の20年間にわたって
製造されましたが、当初の製品は全てがハンドペイントなんです!
なるほど、だからこんなに温かみがあるんですね。



よく見るとそれぞれ個性がありますよね。
タッチの勢いが違ったり、赤い丸の大きさが違ったり。いろいろ。
どんな職人さんが絵付けしたんだろう、って
想像して選ぶのも楽しいですよね。



アーティスティックな絵付に加えて、形もとってもユニーク。
人気のカップはちょっとくびれたシルエット。
プレートも縁を高く取った独特な形。
どれも一点物の絵付けなので、飾るだけで絵になる存在感があります。





ぽってりと厚地の素地は手触りもよく、
深みのあるマットなチョコレートブラウンは、どんなインテリアにも似合いそう。
お花を生けたり、アクセサリーや時計を置いたり。





先日、自宅でたまご粥を作ったときには
ひとり用土鍋の下に敷いて
おうち時間を楽しみました。




『DENBY Arabesque  デンビー アラベスク』は、
毎日の暮らしをちょっと素敵にしてくれるヴィンテージアイテムです。





  





Go To Pagetop

BY emiko honda | 2021-06-14 19:13:08 | ヴィンテージ家具, ヴィンテージ雑貨


ヴィンテージのスツールは、何かと役に立ちます。
特に木製スツールは、サイドテーブルにも植物を飾るのにも最適。

頂いた大好きなスターシャインや、
最近の水耕栽培で楽しんでいるラセンイ飾る
プランツテーブルに。




そしてこちら、双子です。
直径35cm、高さ45cmで何かと役に立ちます。
2つ並べればベンチのようにも使えます。
ん。。。使える?!




最近、ダイニングチェアか、
代わりになるものを玄関に置きたい、
家族分以外の+αをお探しの方が多いので、オススメです。




そして、同じビーチ材のダイニングチェアのサイドテーブルとしてセッティングしたら、
まるで一体型のようで可愛いことを発見‼︎





さらに合体のベンチ風に。
ひとりニヤニヤしてコーディネートした私です。






芸術的なラセンイ。
お気に入りです。

DENBYのプレートの上に、ブランデーグラスの中で
水耕栽培。











好きなもので
思いっきりコーディネートを
楽しんでしまいましょう!!!



 



今日からスタートのイベント!!
明日も20時まで営業いたします。





Go To Pagetop

BY emiko honda | 2021-04-22 18:04:55 | ヴィンテージ家具, ヴィンテージ雑貨



一日の終わり。
ゆっくり過ごす時間。



こちらのテーブルは、
軽くてコンパクトなサイズ感ですので、お部屋間の移動も簡単。
コーヒーを飲む、本を読むなどの時間を過ごす際にも活躍してくれます。

小さいからこそ、どこででも使える。
そんな、ヴィンテージのオルゴール付きテーブル。



マホガニーの上品な趣き。


丁寧な暮らしのワンシーン。

宝物を入れる。眺める。
何気ない日々の、しあわせなひととき。

天板を開くと中に仕切りがあり、
コレクションケースとしてジュエリーや小物を収納していただけます。



オルゴールテーブルは、小さいながら何役もこなす優れもの。



2000年前のコインを使ったアクセサリーも、



その雰囲気から身につけるアートと呼んでる
ニューヨークで一つづつ手打ちで作られた
シリアルナンバー入りの腕時計も、大事に保管。
鍵をかけて。






Go To Pagetop

BY emiko honda | 2021-03-26 21:15:28 | ヴィンテージ雑貨



届いたイギリス便の中には、レトロ感たっぷりなヴィンテージ
『バッカス』シリーズも。



状態もとってもいいし、携帯での撮影ですが映えてます。

ぽってりな質感とデザインで、前回プレート入荷時には
男性の皆様にも選んで頂きました。

【Kiln Craft】
 1972年にイギリスのスタッフォードシャーポタリーズ社が、
現代的な形、色、表面の装飾の新しい感性の食器にKiln craftというブランド名をつけました。
モダンなデザインに加え、実用性や手頃なお値段も魅力だったそうです。
器のデザインだけでなく、Kiln Craftのロゴは1970年代のグラフィックデザインの
最も象徴的な作品として知られているそうです。
 Kiln craftのテーブルウェアは、当時の一般家庭で普段使いされる「美しい日用品」であったため、
状態の良いヴィンテージ品は希少価値が高い人気アイテムです。






私事ですが、インスタLIVEの画像はボヤボヤだし、すぐ落ちるからと
重い腰をあげ機種変更しに昨日携帯ショップに行ったところ、
予約でいっぱい…来月に持ち越しとなりました。
7には、もうちょっと頑張ってもらいましょう。


 



Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2021年12月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< LAST   NEXT >>
LATEST[最近の記事5件]
2021-10-01 17:29:48
丸テーブルを囲むリビングインテリア 
2021-08-09 21:20:50
レリーフ=浮き彫りとは?? 
2021-08-02 22:12:53
リネンフォールドとは?? 
2021-07-20 22:42:09
一緒に学ぼう!企画 ★ネストテーブル編★ 
2021-07-08 15:43:18
モリスマット登場 
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.