左パネル

  • ショッピング
  • Pickup Item
  • Look Book
  • Blog
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help
  • Shopping Cart

BY emiko honda | 2022-02-17 09:00:00 | ヴィンテージ雑貨


ヨーロッパではコレクターズアイテムとして

絶大な人気を誇る「Fat Lava」。


今日は中でもファンも多い窯元のアイテムを紹介します。


Ruscha (ルシャ)



こちらのくびれが美しい313の花瓶は、Fat Lava」のアイコン的な存在。

1954年、クルト・チェルナーによるデザインです。

年々数も少なくなり、なかなか見つからない希少なアイテムです。

この美しくくびれたフォルム。釉薬の美しさ。

オブジェとしての価値もとても高いです。

 

 

Jopeko社(ヨペコ社)




1848年創立のJopeko社は、現在も現存する窯元。

350年にわたって伝統的な手仕事を守り、

家族経営で窯業を営んでいます。

軽石のようなポコポコザラザラした釉薬の仕上と、

したたるような艶のある釉薬の対比が魅力。

幾何学的でモダンなフォルムも個性的です。


 

Scheurich社(シューリッヒ社)



1954年創業のScheurich社は、

ドイツの陶器製造で最大手と言われる窯元。

多彩な釉薬、装飾が魅力で、

中でもハッとするような激しい赤がトレードマークです。




セサミでは、デンマークのヴィンテージ家具や

英国人デザイナー、ウィリアム・モリスのテキスタイル、

アメリカの真鍮のウォールデコや

ミルクガラスの照明とコーディネイト。



ウィリアム・モリスさんは、

「美しいと思わないものを家に置いてはならない」と名言を残していますが、

春を間近に今、セサミはまさにそんな空間です。

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。




 


 

 

 

 

 

Go To Pagetop

BY emiko honda | 2022-02-15 14:22:24 | ヴィンテージ雑貨

  1. んにちは! kakumiです。
  2. 春の足音が近づくセサミに、系列店の3days grungeより
  3. ドイツのヴィンテージ陶磁器「Fat Lava(ファット・ラバ)
  4. フラワーベースが遊びにきております。



  5. その数、なんと80点以上。同じ色、同じ形は二つとないアート。
  6. セサミらしい優雅なオーク材の家具との
  7. コラボレーションの美しいことと言ったら。
  8. さながら美術館のよう。圧巻です。


  1. Fat Lava (ファット・ラバ)」とは、
  2. 1950~70年代に主に旧西ドイツで生産されていた陶磁器の一種。
  3. 直訳すると「肥えた溶岩」の意味のとおり、
  4. 火山口から流れ出た溶岩のような、ドロっと厚い釉薬表現が特徴です。


  5.  
  6. 花をいける道具というよりは、もうそのもの自体が華。
  7. 唯一無二の存在感があるオブジェです。

  8.  

  9. ここで、3days grungeのshihoさんからのレクチャー。

  10. 「Fat Lava」のデザインのルーツはバウハウスにあると言われています。
  11. バウハウスとは、1919年ドイツのワイマールに設立された美術工芸学校のこと。
  12. 現代デザインに多大な影響を及ぼした学校として知られています。
  13.  
 バウハウスの普遍性と多面性|TOPIC|Continuer Inc.|メガネ・サングラス|Select Shop

しかし1933年、ナチスによる弾圧で閉校。
存在したのは、わずか14年間という短い期間でした。
当時の有能な教師たちはアメリカはじめ各国へ亡命。 
アメリカで花開いたミッドセンチュリーデザインは、
バウハウスの影響を少なからずも受けていると考えられています。
 
その後、第二次世界大戦後のドイツでは、
国を挙げて窯業の再建に取り組んだそうです。
戦争で廃窯に追い込まれていた製造所も再建されていき、
伝統的な技術がさらに磨かれ、陶器産業が盛り上がっていきました。

  1.  

  2. なるほど。そんな混沌の時代をうけて、
  3. 「Fat Lava」のようなパワフルな陶磁器が生まれたのですね。


  4. さらに2000年代に入って英国BBCの特番が組まれたことが
  5. 着火点となり、一大ブームに。

  6. 2006年の夏には英国キングスリン芸術センターで
  7. 「Mid-Century West German Ceramics」の展示会が開かれ、
  8. 世界中のバイヤーとコレクターが集結したそうです。



  9. さて、続く後編では、人気のメーカーと
  10. その特徴をご紹介していきますね!

  11.  

  12.  
  13.  

Go To Pagetop

BY emiko honda | 2022-01-20 14:07:35 | ヴィンテージ雑貨

イギリスより小さな陶器、クレステッドチャイナがたくさん届きました。



クレステッドチャイナ(crested china)とは、
「crested=紋章の入った」「china=陶器」。
真っ白な陶器にイギリスのさまざまな街の紋章や、
シンボルが描かれています。



クレステッドチャイナが作られたのは、
1860年頃のヴィクトリア朝後期から1930年代頃のイギリス。

産業革命と共に鉄道が発達し、旅行を楽しむ人々が増えた時代でした。
一大観光ブームに乗って、各地のお土産が大流行。

そんな時代に生まれたクレステッドチャイナは、
イギリス中の家庭で、旅の思い出として
大切にコレクションされてたそうです。




日本にも昔は各地の地名がデザインされた
ペナントや提灯がありましたが、
このクレステッドチャイナは、
100年を経った今でも本当におしゃれ。

真っ白な陶器の肌に、カラフルな紋章がとても映えますよね。





グラフィカルな紋章のデザインにも心惹かれるのですが、
その形も本当に個性的。
それぞれの土地でユニークな形を競ったのでしょうか。

持ち手が3つあったり、差し口が5個もあったり。面白い。
そして10cmほどの小さな器に、こんなに凝った装飾をほどこし、
手書きで絵付けしているのがすごい。





ポット型や壺型の器には、
ちょこっとお花をいけたり、
ミルクポットにしたり。



こちらはコレクターアイテムとして人気のベル。
陶器なのでチリンチリンと
澄んだ良い音がして、心が洗われます。




そして、こちらは動物たちをかたどったシリーズ。
イギリスでは猫やフクロウは幸運のモチーフとされていて、
一つひとつの表情がほのぼのと愛嬌がありますよね。




描かれている土地名を調べてみると、
歴史の教科書に載っている場所や有名なリゾート地のアイテムも。
こちらは、あのポーツマス条約締結の舞台となったポーツマス。


100年前に旅した人はどんな思いで巡ったのかなぁ。
新婚旅行だったり、家族旅行だったり。
素敵な旅だったらよいなぁ。

時を超えて思いを馳せながら、
そっと飾ってみたいアイテムです。






 


Go To Pagetop

BY emiko honda | 2021-12-21 13:12:05 | ヴィンテージ雑貨


現在、セサミで開催中の企画展「スージー・クーパー デザインの軌跡」。
店内には1930年代から1960年代までの彼女の作品が、所狭しと並んでおります。






「スージーの作品をひと目見て、恋に落ちた」。
そう語るコレクターさんがいらしのたですが、本当にその通り。

エレガントで愛らしくて、でも力強いスージーの世界に
惚れ込まれるファンの多いことと言ったら。
セサミの店内も、お花が咲いたような優雅な空間が広がって夢見心地です。



そこで本日は「スージー・クーパーってどんなひと?」いうテーマで、
まだまだ女性の活躍が難しかった時代を走り抜けた
スージーの激動の人生を振り返ってみようと思います。

スージー・クーパーは1902年、イギリス生まれ。
20世紀を代表する女性陶器デザイナーとして知られています。




とってもオシャレで流行に敏感だったお方だったそうです。

1995年に92歳で亡くなるまで、長きに渡って現役生活を続けたスージー。
その作風は、大ぶりなお花たが美しいパステルカラーのグラデーションで描かれた優しい世界観。

当時のイギリス家庭で毎日のように使われるほどの人気ぶりでした。



スージークーパーが生ま育ったスターフォードッシャーは、
「ミントン」「ウェッジウッド」「ロイヤルトルドン」など、
イギリスが世界に誇る陶器メーカーの工場が密集している地域でした。


そんな土地で7人兄妹の末っ子として育ったスージーは、
小さい頃から絵がとても上手で、芸術家になることを夢見る子ども時代。
しかし、1914年、11歳の時に第一次世界大戦が開戦。
同じ年に地元の名士であった父親を病気で亡くします。


何不自由のない生活が一変。
時代の波にのまれるように学校を辞めることを余儀なくされて、
家業のベーカリーショップや雑貨店を手伝いなが
ら家族とともに苦労の多い少女時代を過ごしました。



1918年、第一次世界大戦が終結。18歳のスージーは母の勧めで
地元の夜間美術学校「バーズレム・アートスクール」に入学。
当時の校長はすぐに、スージーの特異な才能に気がついたと言います。

スージーは、当初ファッションデザイナーを目指して学んでいたそうですが、
さらなる高みを目指して王立芸術学院で学ぶ奨学金を得るべく、
1922年、20歳になったスージーはペインターとして「グレイズポタリー」に入社。

そこで彼女は陶器デザインの才能をめきめきと発揮し、
あっという間にペインターからアシスタントデザイナーへと躍進。
さらに、彼女がデザインした陶器は数々の展覧会で賞に輝き、
その名が広く知られはじめました。



そんな人気絶頂の1929年10月29日。
この日27歳の誕生日を迎えたスージーは、
グレイズポタリー(Gray's Pottery)を去り独立。

奇しくも4日前に世界恐慌が始まったばかりでしたが、
情熱のままに「スージークーパーポタリー」を立ち上げ、
陶磁器の生地から釉薬、色彩にまでだわって、
本当に自分の作りたい陶器を一から作り始めます。



当時のスージーの言葉に、
「『できない』という言葉はないのよ。この言葉を言う前に『試みる』のよ」
というものがあります。どんな逆風の中でも自分を信じて挑戦し続けたスージー。

その作風はデザインも色彩も甘く優しく、のびのびと華やか。
大不況時代で沈んでいた人々を、ふんわりと癒やすような力があり、
女性たちをはじめ多くの英国人を夢中にさせたのです。



さらに彼女の人気を決定づけたのが、1932年のイギリス産業フェア。
なんと、彼女の作品を国王ジョージ5世の妃、メアリー王妃が購入したのです。

ロイヤルファミリーから支持を得たスージーの作品は一躍、
「高級品」として認識されるようになり、
1940年に「Royal Designer For Industry」に選ばれ、
ロイヤルファミリーのデザイナーとして認められました。




私生活では、1938年に建築家のセシル・ベーカー氏と結婚。

ところが、翌年1939年に第二次世界大戦が勃発。

ョールームの破壊や工場の全焼などの困難の中、
1943年に誕生した長男の育児に専念していたスージーでしたが、
「戦争で傷ついた人々の心を優しい器で癒やしたい」と考え、
戦前とは一転したアースカラーを中心にしたナチュラルな作品へと変化していきます。




1950年代、50代となりキャリアを積んだ頃には、
デザインのみならず企画・構成・生産の全てを指揮。
王室の注文をまとめたり、カナダやアメリカ、オーストラリア、
南アフリカにブラジルといった世界を相手に販路を拡大していきます。

さらに、世界中の陶器に触れる中でつるりとして貫入のない
丈夫なボーンチャイナの時代が来ることを予想し、
ボーンチャイナの会社を買収。「スージー・クーパー・チャイナ」を設立します。

陶器デザイナーとしてはもちろん、自ら会社を設立・運営し、
経営者としての手腕も光らせたスージークーパー。

激動の時代を駆け抜けた彼女は70歳で大英帝国勲位、
86歳で王立芸術学院より最高名誉の博士号を授与。
その後もフリーのデザイナーとしてウェッジウッドと契約を結び、
1995年に天珠を全うするまで仕事を続けました。




女性たちがゆとりのある暮らしに憧れ続けた時代に寄り添い、
手頃な価格で、普段使いできるセンスの良い陶器を
生み出し続けたスージーは、まさに陶器界の革命児。

元エリザベス女王の母上にあたるエリザベス皇太后陛下は、
「スージー・クーパーがなければ家は完成しないわ」との名言を残し、
実際に1960年の作品「グレンミスト(Glen mist)」は、
1990年までサンドリンガム宮殿で使われていました。
エリザベス女王やダイアナ妃も「グレンミスト」でアフタヌーンティをしたそうですよ。


ちなみに「グレンミスト」は霧深い渓谷にひっそりと咲いている
ブルーのお花を描いた作品で、セサミにもセットで入荷しております。


大きな2つの戦争に翻弄されながらも、家庭を守り、子どもを育て、
自分自身の手で仕事をやり遂げていった彼女。
スージー・クーパーの陶器には、
そんな彼女の大きくて強い愛が溢れているように感じるこの頃です。



  


Go To Pagetop

BY emiko honda | 2021-10-01 17:29:48 | ヴィンテージ家具, ヴィンテージ雑貨


なかなか出会えない
丸いコーヒーテーブルの入荷に
ワクワクしながらお部屋のコーディネート。









自然に好きな椅子との組み合わせに。

タイルトップなので、食器や花瓶などをのせても安心。



直径100cmなので、これ以上大きくなると
お部屋が狭くなるかものの
絶妙なサイズも嬉しい。


ダイニングテーブルがあるから
ごはんを食べる目的より
みんなでコーヒーや紅茶を飲むために囲むのもいいですよね。




何人が集えるかな??って考えると
いろいろ収束してくれる日が早くこないかと切に願うばかり。。。







DENBYのアラベスクの食器がこれまた
雰囲気あうこと、あうことと
またまたテンションが上がり、のせるのせる。






先日のワークショップで作った
『秋の花アレンジ』を迷わずおいて写真撮影。





絵になる家具って、ホント素敵ですね。

心地よい暮らしの家具選びを。



 


Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2022年5月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< LAST   NEXT >>
LATEST[最近の記事5件]
2022-03-08 10:17:29
DENBYを代表する 青い麦 シリーズ 
2022-02-17 09:00:00
愛しのFatLava 後編 
2022-02-15 14:22:24
愛しの FatLava 前編 
2022-02-02 14:32:16
pyrrhaのお守りジュエリー 
2022-01-20 14:07:35
クレステッドチャイナ 
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.