左パネル

  • ショッピング
  • Pickup Item
  • Look Book
  • Blog
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help
  • Shopping Cart

BY emiko honda | 2023-10-31 22:07:13 | 新入荷情報



だいぶお久しぶりのブログです。

店内の売場面積の変更などなど
動き続けた10月が終わろうとしています。


そんな中、
企画『喫茶とインテリア』
レトロ喫茶な空間作りに向けて、レザーチェアを2脚搬入したりで
出来たこの空間。

落ち着くな〜。






レトロ喫茶=古き良きヴィンテージ感のある喫茶店。
ピッタリな雑誌まで見つけて店内作りの参考に。


そして、そして、お待たせしました。


ポーランド〝STAGAR社〟のオイルランプコレクションが再入荷しました。

次の『喫茶とインテリア』にもぴったり!
ランプ専用のオイルもご用意しております。日本製。
やさしい香りで高い防虫効果。ススが出ないのも◎

アンティークな雰囲気あふれるオイルランプで癒しのひとときを。


本題にもどって喫茶店と言えば…
のラインナップ!!


例えば
フランスLa Rochere サンデーグラス¥1540
フランスJean Dubost ライヨールジャムスプーン¥1760
イタリアmotta ステンレスソーサー¥1870
を合わせて、レトロ喫茶コーディネート。

準備しながらも、気分がめちゃくちゃ上がりました。


お伝えしたいことはまだまだあり
この企画に向けて、数年ぶりに見つかった
1966年にデザイン、denbyのチャッツワースシリーズ。



ハンドペイントで、温もりたっぷり。

この青、セサミにはとっても新鮮。

早くもお嫁にいったバターケースたちも写ってますが、
入荷直後の写真でお披露目。






他のDenbyもHORNSEAも無事に入荷して
明日からの11月も引き続き喫茶とインテリアのテーマで
お部屋作りをご提案させていただきますので
みなさまのご来店お持ちしています。

【11月の休店日】
1日(水)
8日(水)
16日(木)
22日(水)

Go To Pagetop

BY shiho yoshida | 2023-09-08 20:00:00 | 新入荷情報


こんにちは!TAIKIです。

まだ30℃越えが続くようです。
皆様は何か暑さ対策実践してますか?
私にも良い対策があれば教えて欲しいです。

さて、話が変わりますが、
皆様、ヴィンテージのランタンに興味はございますか?
知らないという方も多いかと思います。
今日は私が調べたことを、少しお話しますね。



元々ヴィンテージのランタンで有名なのは、アメリカ、ドイツ、イギリスの3ヶ国。

ヴィンテージのランタンは灯油を使う物が殆ど。
灯油ランタンのメリット・デメリットを少しお話します。

メリット
・ほかの燃料より安全に取り扱いが出来る。
・コストも安い。
・灯油の調達がしやすい。
・アウトドア以外の緊急時なども使いやすい。

・デメリット
・着火に手間がかかる。

でもこの手間が醍醐味だったりするんですよ。
ゆらゆらと揺れる火を見て癒されてみませんか?

メンテナンスをしっかりすれば半永久的に使用することが可能です。
メンテナンスをしていく内に愛着が湧いてきてお気に入りの1つが完成すること間違いなしです。

ちなみにSESAMEでもヴィンテージのランタンが入ってきたんです。

BATというブランドのヴィンテージランタンもいくつか入ってきたので、
歴史について少しお話します。

1834年に創業されたブランド。
元々は6人で経営していたようです。

1892年頃からは会社も大きく成長し、
ランタンの約70%を輸出していたとの事。

第二次世界大戦の時にも使用されていたとのこと。
そのぐらい歴史のあるランタンなんです。



ここがオイル投入口↓
このヴィンテージ感が堪らない。



火をつける以外でも、置物としても可愛いですね、
この色味も魅力の1つ。



是非、お店でお気に入り見つけてみませんか?

ちなみに私のお気に入りはこちら↓
この色、形に惹かれました。



いかがでしたでしょうか?
話を聞いて、少しでもランタンに興味を持って頂けたら嬉しいです。

今回はこれまで!
今後も更新予定ですので是非チェックしてみてください。

季節の変わり目、体調管理などお気をつけください。

TAIKIからは以上です。

Go To Pagetop

BY emiko honda | 2023-08-01 17:50:36 | 新入荷情報

皆様、こんにちは!
TAIKIです。

SESAMEのBLOGは初めてですが、
最後まで見て頂けると嬉しいです。

さて、今日はピューターについて
私が調べた事を少しお話しますね。



ピューターとは錫という金属と銀、鉛などが
混ざり出来た合金の事。

ピュータ自体起源前1500年も前から作られている
歴史のある素材なんです。

こんなに昔からあるものが今もこうして使われている
ヴィンテージの魅力ですね!すごい!

ジョッキやフラワーベースなどが作られたのは
12世紀のイギリスから始まり
当時はまだ富裕層しか手に出来ない高価な物であり
一部でしか普及していなかったそうです。
その後一般家庭でもテーブルウェアとして人気が出始めました。

ピューター自体、加工しやすためこのような繊細な形を作ることが出来ていたようです。



当時は手作業で作られていたため、全く同じものが存在しないのも魅力の一つです。

それに金属の中でも錆びにくいため、お花を入れてみたりと実用品として良さそうですね!

ここからは実際にEMIKOさんにインタビューしてみました。
「施された掘りがかっこいいと思うところから始まり、知れば知るほど
EMIKOさんが大好きな、花や植物などとの相性もよくその事を
たくさんの男性、女性の関係なく色々なお客様と使い方のアレンジやその魅力を
共有出来た事が、よりピューターを好きになるきっかけとなった。」

好きなものと好きなものの融合
最高ですね。





まとまった時の迫力、すごい!
皆様も自分好みのピューター探しいかがです?

今回はこれまで、
まだ、続編もありますのでお楽しみに!

気温も高いので皆様お気を付けください。

TAIKIからは以上です。



Go To Pagetop

BY emiko honda | 2023-07-06 18:13:33 | 新入荷情報


待ちに待ちわびて届いた北欧買付の小物たち。

現地でもなかなかお目にかかれない
ノルウェーピューター(スズ)の
ベースやキャンドルホルダーたちとの運命的な出会いから
今月より企画展スタートしております。




“VINTAGE×季節の花“のテーマで
毎月のワークショップでもお世話になっている
近所のFLORICOさんにこれらのベースを持参し
おすすめのアレンジをしていただきました。




ピューターは錆びにくい素材で
昔から水を浄化(イオン化)する働きを持つと言われていて
まさに花瓶にピッタリ。





バイキングのカトラリーも可愛い。
錆びにくい特徴のその通り、
状態の良いものがそろっています。




火がなくとも綺麗。
その佇まいに惹かれるキャンドルホルダーも
デザインが豊富で嬉しくなります。




せっかく国や年代を超えて来てくれたんだから
何かセサミらしい使い方!と思ったのが
このリングスタンドとしてのアイデア。




大切なものを
大切に。自分らしく飾る。



そんなご提案を日々真剣に行なっています。




Go To Pagetop

BY emiko honda | 2023-04-26 10:14:47 | 新入荷情報



「COLORS 時計コレクション -時を刻む相棒との出会い-」
【開催期間】4月28日(金)~5月7日(日)

を前に、店内に並ぶヴィンテージ掛時計の面々。


イギリスから。












アメリカから。











年代や国を超えて
現代の暮らしの相棒に出会う。

素敵なこと。

住まいの楽しみ方はいろいろです。
自分らしいスタイルを見つけに
ご来店くださいませ。

GW中は休まず
12時から19時まで営業いたします!







Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2024年2月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
<< LAST   NEXT >>
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.